病院でも警察でもDNA検査をフル活用する時代になって久しい。

そしてついに一人一人が遺伝子検査を自分でする時代が始まろうとしているようだ。

すでに複数の個人向けサービスが始まっており、その筆頭が「マイコード」だ。

ディーエヌエーの創始者・南場智子氏が始めた事業で、彼女が目を付けた事業である以上、きっと成功するのではないかとにらんでいる。

実行部隊は東大の医学部で、産学で提携しているらしい。

さて、遺伝子を調べて何がわかるのか?

太りやすさとかダイエット情報もわかるそうだが、一番大きいのは潜在的な病気の可能性だろう。

がんや糖尿病になりやすいのか、なりにくいのか?

それを知ることで生活に気を付けて、発症のリスクを下げることができる。

とはいえ、病気というのはなる時にはなる。

自分の遺伝子情報を知ることで不安が和らぐのか、逆に膨らむのか?

それは個人の性格によるだろう。

しかし、遺伝子検査の結果がなみはずれて悪かった場合、絶望感から鬱に陥る人も出るのではないか?

あの病気にもなりやすいし、この病気にもなりやすい。

そんな結果が出てしまったら、自分のような元気な人間でもつらいと思う。

また、ゴールド免許の人の自動車保険が安くなるように、遺伝子検査の結果で医療保険・生命保険の価格が変わる時代もいずれは来ると思う。

遺伝子がよくないと病気のリスクが高い上に保険料も上がるわけで、まさに踏んだり蹴ったりである。

遺伝子格差の時代を迎えようとしているのだろうか?

まあ、そんな悪い面もあるが、社会の進歩を止めることはできない。

そして遺伝子検査にはいろいろな良い面があるからこそ、開発が進められているわけだ。

というわけで、自分も近々マイコードを試して見ようと思っている。

なんだかんだ言って結局はミーハーないっちょかみである。(笑)

おすすめの個人向け遺伝子検査

Uncategorized

ダイエット中に戦わなければいけないもの、それは食欲である。
食べたい欲求が抑えきれずに食べてしまうこともあるだろう。
そして食べてしまったら、明日から頑張ればいいと思ってしまうものだ。

食欲には2通りあって、本当にお腹が空いたものと偽物がある。
本当にお腹が空いた時というのは、お腹が鳴ったりするものだ。
しかし、偽物の食欲の場合、ラーメン食べたい!お菓子食べたい!と頭の中で考えてしまうものだ。
偽物の食欲の場合、30分もすれば消えてなくなる。
これを我慢できれば、その日は何も食べなくて済むだろう。
偽物の食欲がなくなるのをじっと待つことができれば、ダイエットも成功しやすい。

それから、偽物の食欲はいくら食べても食べても満足しないのが特徴だ。
すぐにまた他のものが食べたくなる。
そして食べた後、ひどく後悔するのだ。
これが偽物の食欲の特徴である。

食欲を抑えきれないのであれば酵素ドリンクダイエットを試してみてはどうだろう。
比較的、空腹を感じずにダイエットできるみたいだ。
おすすめの酵素ドリンクはこれだ。

ベジライフ酵素

Uncategorized

冬だからニオイ対策をしなくてもいいというのは間違いである。
薄着になる夏はしっかりニオイ対策をしている人は多いが、厚着する冬はニオイ対策が甘くなってしまうものだ。

そもそも冬のほうが汗をかきやすいのでニオイ対策をしなくてはいけない。
厚着していると、汗が蒸発することができず、ニオイも残ってしまうからだ。
また、夏に比べて冬は水分摂取量が減るため、ニオイも強烈になってしまうのである。

冬のニオイ対策としては、水分をこまめに摂取することも重要なのだ。
寒くて水分をたくさん摂取できないのであれば、水を温めて飲むとたくさん飲むことができる。

またエイトフォーなどのデオドラント剤を使うことも効果的である。
出かける前にスプレーするだけでも汗やニオイを抑えることができる。
それから汗をかいたら、こまめに拭きとるようにすること。

最近では体臭サプリなどもあるので、臭いがかなり気になるのであれば試して見るとよい。
体臭サプリについて参考になるサイトを見つけた。

体臭対策サプリ&クリームおすすめランキング

Uncategorized

食品の安全とか、放射性物質の拡散とか、赤ちゃんの先天異常に影響を与えそうなファクターは減るどころかむしろ増えている気がする。

食の問題で言うと、中国製品の劣悪な衛生環境で作られた冷凍食品もさることながら、知らないうちに食べているだろう遺伝子組み換え作物なんかも心配だ。

放射性物質にしても、福島原発事故からずいぶん経つのに、いまだに新しい悪いニュースがもたらされる。

実のところ、ヒトの先天異常はどれくらいの頻度で発生しているのか?
ネットで検索したところ、3~5%くらいの数字が出てきて、どれが信頼できるのかわからないが、たぶん4%くらいはあるようだ。

4%ということは100人に4人が何らかの異常があるということか?
決して低い数字ではない。
あなたの家に健康な赤ちゃんを生まれてきてくれたら、それは結構「奇跡」であって、神様に感謝すべきなのだろう。

日本の先天異常については横浜市立大学の先天異常モニタリングセンターの統計を見るとわかる。
口蓋裂やダウン症は多発グループ。
しかし、心臓内の隔壁に穴が開いていたりといった内臓奇形もかなりある。
外見が大丈夫でも内臓に問題があったり、ある種の代謝機能が欠落していたり、といったケースもある。
代謝異常とかだと、珍しい病気を発病して大変なようだ。

こうした先天異常に対してできる予防策は限られているらしい。
そう思うと子作りというのは、本当に人生を賭けた大仕事なのだと改めて思う。

しかしながら、二分脊椎という先天障害は例外のようだ。
発生率は高い先天異常だが、妊娠初期にB9(葉酸)というビタミンをしっかり摂ることでかなり防げるという。
このトピックについては、下記のサイトが詳しい。

妊活に必須!ビタミンB9で二分脊椎症を予防する方法

 

Uncategorized